魅力的なキャラクターを作ったとしてもそれをどうPRしていくか、それは制作する時点ですでに始まっているのです。